本文へスキップ

ワクチン接種後にギランバレー症候群などのツイート

ワクチン接種後にギランバレー症候群などのツイート

コロナワクチンの毒により接種者の身体に様々な悪影響を引き起こします。

そのうちの1つがギランバレー症候群です。

ギランバレー症候群とは(くぼた脳神経内科クリニック)
脳や脊髄から全身にくまなくめぐっている末梢神経に障害が起こり、手足の麻痺などを発症して数日で手足が動かなくなっていく疾患です。ウイルスや細菌の感染から起こることが多いとされていて、発症前に喉の炎症や胃腸炎の症状があるというケースがよくあります。ギランバレー症候群は、なんらかの原因で本来は外敵に向かうはずの免疫が自己の末梢神経を攻撃して起こります。

※日本神経学会より画像引用
















































































スナメリオさん
「泣いて生まれてきたけれど- あたりまえを疑ってみるということ -」より画像引用
https://ameblo.jp/sunamerio/


  ワクチン接種後にギランバレー症候群などのツイート











※追加ページ















































































































HP管理人 カズ

このホームページでは、テレビでは放送されることのない新型コロナやワクチンの裏情報だけを集めて紹介しています。

このホームページの目的は、テレビの情報に騙されている人たちに”気づき”を与えることです。

テレビでは語られることのない情報を知る(知識を増やす)ことによって、ニュースを見て「何かおかしいぞ?」と気づいてほしいと思っています。

このホームページは、全てのページがリンクフリーです。
HP管理人に断りなく自由に拡散してください。