本文へスキップ

マスクをはずそう

マスクをはずそう

外で常にマスクをしている人たちは政府の奴隷である。

奴隷とは、人間 が、他の人間の持ち物のようにされて、自由になれない人のことをいいます。

持ち物のようにされるのですから、売られたり、買われたりします。また自由になれないのですから、自分がなにかをしたりすることができず、他の人の命令を聞くまでは、なにもできません。

人間(=ひと) は、普通は、自分で自分のことを決めることができますので、奴隷はおなじ人でありながら、人として扱われなかった人になります。

〜中略〜

人間は「自分は自分であり、他のひとにじゃまされない」という約束をもつようになりました。これを、人格の権利(じんかくのけんり)と言います。また、人間は、やりたいことを自由にやることができます。これを自由の権利(じゆうのけんり)と言います。これらは、人間であることに、もっとも大切な権利、つまり「生まれながらにもっている大切なもの」のひとつです。

〜中略〜

こどもは、おとなになるまで、おとなに助けてもらわないといけないのです。つまり、こどもは、おとなに助けてもらう権利があります。それと反対に、おとなは、こどもを助ける義務(ぎむ)があります。義務とは、どうしてもやらなくちゃならないことです。けれど、おとなのひとのなかには、「こどものため」という理由をつけて、 こどもの権利、つまり人権(じんけん)を守らなかったり、権利がどうなってもいいんだ、という人がいます。

そのようなおとなには、こどもたちが、ちからを合わせて「こどもの権利を守りましょう!」と勇気をもって言ってあげて、こどもの人権を守らないことは、正しくないということを教えてあげなければなりません。
https://www.cscd.osaka-u.ac.jp/user/rosaldo/040225slave-kanji.html(一部引用)







2歳未満の子どもにマスクは不要、むしろ危険!
https://www.jpa-web.org/dcms_media/other/2saimiman_qanda20200609.pdf



マスクの弊害の症状
口呼吸、耳の痛み、めまい、虫歯、歯並びの悪化、脱水・熱中症、表情筋の衰え、呼吸困難、窒息、イライラ、SIDS(シズ:乳幼児突然死症候群)、口臭、頭痛、誤嚥、吐き気、せき、自殺企図、肌荒れ、免疫低下、集中力低下、学習力低下、意欲低下、眠気、うつ傾向。

マスクを長時間つけることで、
・呼吸の酸素濃度が低下し、知能の発達に影響が出る。
・めまい、視力低下、集中力低下を引き起こす。
・ウイルス性肺炎や細菌性肺炎の温床になる。
・情緒不安定、免疫力低下、頭痛、皮膚疾患のリスク

マスクをすると口呼吸になってしまう人が続出!
口呼吸のデメリット
・酸素摂取量が減り脳機能が低下する。
・ウイルス感染しやすくなる。
・虫歯、歯周病、口臭の原因になる。
・顔の筋肉が緩み老化の原因になる。
・睡眠時無呼吸症候群の引き金になる。


マスク着用の習慣化による体の不調・変化に関する調査を実施。約半数がマスク生活のもたらす健康リスクを「何も知らない」一方、3人に1人がその症状を実感!
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000001473.000002360.html






熱中症を防ぐためにマスクをはずしましょう(厚生労働省)
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000121431_coronanettyuu.html




あなたは外で、マスクをはずしますか?それとも奴隷を続けますか?






  マスクをはずそう










※追加ページ















































































































HP管理人 カズ

このホームページでは、テレビでは放送されることのない新型コロナやワクチンの裏情報だけを集めて紹介しています。

このホームページの目的は、テレビの情報に騙されている人たちに”気づき”を与えることです。

テレビでは語られることのない情報を知る(知識を増やす)ことによって、ニュースを見て「何かおかしいぞ?」と気づいてほしいと思っています。

このホームページは、全てのページがリンクフリーです。
HP管理人に断りなく自由に拡散してください。